イントラレーシック


近視で困っている人に対して、レーシックというのは、それを解消するのにもっとも良い方法で、その中でもイントラレーシックというものに注目が集まっています。

このイントラレーシックは今までのレーシックとどこが違うかというと、フラップという角膜を削って作るふたのようなものの作り方が異なっています。今までのレーシックではマイクロケラトームという機器を使い角膜を薄く削るようにしていました。

それに対してイントラレーシックは、イントラレースFSレーザーというものを使い、これは、コンピューターで制御されていて、精確にフラップを作れます。精確なフラップを作れると何が良いかというと、マイクロケラトームを使うと真っ直ぐ削れなかったり、斜めになったりする可能性があるためで、より仕上がりのいいものとなっています。

また、イントラレーシックだと、角膜が薄く削れるのでより強い近視の方も、しっかりと施術できるようになるそうです。

イントラレーシックをやっている眼科というのはまだまだそう多くはありませんので、レーシックをする時には、必ず下調べしておいて、その眼科が対応しているかを把握しておいてください。

わずかな時間で視力が大幅に回復するならば、レーシックというのはやってみる価値は大いにあるといえるでしょう。イントラレーシックは、視力回復の最新の技術で、効果の方もしっかりあって、安心して施術してもらえるという強みがあるので、ぜひ検討してみてください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。

新着記事

2015/10/13 11:20:00

レーシックで視力回復

レーシックで視力が回復する魅力私は近視と乱視で、左右共に「0.03」ととても視力が悪いです。眼が悪くなったのは、中学1年生の3学期から。小学6年生頃から、同級生でメガネをかける子が増えていて、まだ視力が良かった頃の私は、「メガネいいな~」なんて思ってたんですよね。

視力が悪いから、その矯正としてメガネをかけているわけですが、そのへんは何も考えず、ただただ「メガネ」というものにひたすら憧れを抱いていたのです(笑)

read more...

2014/03/14 12:08:40

レーシック手術で過矯正

レーシック手術では、過矯正になるケースが多いという情報を耳にした人も多いでしょう。これは本当なのでしょうか。

インターネットでは、個人的な印象や判断で、誤った情報や偏見を書き込む人が多くいます。これはレーシックの過矯正に関する問題だけでなく、すべての話題に関して同様の傾向が見られます。そのため、こういった不正確な情報を鵜呑みにすることは、避けるべきでしょう。

特に、レーシックの過矯正のように、医学的な内容に関してはなおさらです。素人が書き込んだ情報を信じる前に、不安や疑問な点に関しては自分自身でレーシックのクリニックの専門医に確かめる必要があります。

read more...